ニュージーランド

【ニュージーランドで投資】スマートシェアズのETF

先日、ニュージーランドのインデックス投資について記事を書いたところですが、今回はETF(Exchange Traded Fund)について書いてみたいと思います。

ニュージーランドで唯一ETFを発行しているのはニュージーランド証券取引所が母体であるSmartshares(スマートシェアズ)という会社です。

日本の基準で考えると手数料が高いんですが(まぁ投資に限らずなんでも高いです…)、他社の投資信託(managed fund)に比べるとそれでもかなりお安いものが多いので、どんなものがあるかご紹介しますね。

日本でインデックスファンドやETFを購入していたけれど、ニュージーランドに移住したらどうしよう…という方がいらっしゃったらお役に立てるかもしれません。

自分で選ぶ!ニュージーランドでインデックス投資投資とは縁遠いと思っていた私ですが、この先年金も期待できないということで危機感を持って投資と資産形成について勉強し始めたのが数年前のこと...

[jin_icon_info]ここに紹介しているのはニュージーランド籍のETFのみです。オーストラリアやアメリカ籍のETFならもっとたくさんあります。

ニュージーランドのSmartshares ETFと種類


Smartsharesには7つのカテゴリー、31のETFがあります(2020年2月現在)。

カテゴリーはこんな感じ。

  1. SMART LARGE – 大型株
  2. SMART MEDIUM – 中型株
  3. SMART SMALL – 小型株
  4. SMART INCOME – 債券中心のアクティブファンド
  5. SMART DIVIDEND – ニュージーランドとオーストラリアの高配当株
  6. SMART SECTOR – ニュージーとオーストラリアのセクター別ETF
  7. NEW ETFs – 新発売BlackrockのiSharesのETF

NEW ETFだけ雑な名前なのが気になるところですが、初心者の私にもわかりやすいカテゴリーです。

ちょっとどんなものがあるか、SMART LARGEとNEW ETFからいくつか見てみましょう〜。

例1:SMART LARGE 大型株

大型株シリーズはこんなラインアップ。

ニュージーランド、オーストラリア、アメリカ、ヨーロッパ、アジアパシフィックの株を扱っており、ニュージーランドとオーストラリア以外は全部ヴァンガードです。

ファンド名 信託報酬料 特徴
NZ Top 50 ETF (FNZ) 0.50% ニュージーランド株で1番人気。S&P NZX50 portfolioインデックス(日本で言えば日経平均に近い?)連動
NZ Top 10 ETF (TNZ) 0.60% ニュージーランド株。S&P NZX10インデックス連動
Australian Top 20 ETF (OZY) 0.60% オーストラリア株。S&P/ASX 20インデックス連動
US 500 ETF (USF) 0.34% ヴァンガード S&P 500 ETF (VOO)
Europe ETF (EUF) 0.55% ヴァンガード FTSE Europe ETF (VGK)
Asia Pacific ETF (APA) 0.55% ヴァンガード FTSE Pacific ETF (VPL)
Emerging Markets ETF (EMF) 0.59% ヴァンガード FTSE Emerging Markets ETF (VWO)
Total World ETF (TWF) 0.56% ヴァンガード Total World Stock (VT)
US Large Value ETF (USV) 0.51% ヴァンガード Value ETF (VTV)
US Large Growth ETF (USG) 0.51% ヴァンガード Growth ETF (VUG)

VOO以外は信託報酬料が0.5%以上になってきますが、SmartsharesではなくSuperlifeという系列会社で買うとちょっとだけ安くなります。逆にVOOはSuperlifeで買うと高くなります。なんでだろ?

大型株以外も、基本的にはオーストラリアを除く外国株・債券はすべてヴァンガードです。

例2:NEW ETF iSharesシリーズ

最近発売されたばかりのiSharesのETFです。

ESGが中心で、新興国、ヨーロッパ、世界株、日本株、米国株に世界債券。

そしてロボティクスとヘルスというテーマ型ですね。

日本でも買えるのかなぁ。

ファンド名 信託報酬料 その他
Emerging Markets Equities ESG ETF (EMG) 0.59% iShares MSCI EM IMI ESG Screened UCITS ETF USD (SAEM)
Europe Equities ESG ETF (EUG) 0.55% iShares MSCI Europe ESG Screened UCITS ETF EUR (SAEU)
Global Equities ESG ETF (ESG) 0.54% iShares MSCI World ESG Screened UCITS ETF USD (SAWD)
Japan Equities ESG ETF (JPN) 0.55% iShares MSCI Japan ESG Screened UCITS ETF USD (SAJP)
US Equities ESG ETF (USA) 0.34% iShares MSCI USA ESG Screened UCITS ETF USD (SASU)
Global Aggregate Bond ETF (AGG) 0.30% iShares Global Aggregate Bond UCITS ETF (AGGNZX)
Automation and Robotics ETF (BOT) 0.75% iShares Automation & Robotics UCITS ETF USD (RBOT)
Healthcare Innovation ETF (LIV) 0.75% iShares Healthcare Innovation UCITS ETF (HEAL)

ファンド元々の手数料を調べるとものすごく高く感じます…泣

ですが、信託報酬料の安い外国籍のETFに比べると税金の支払いが楽だし、為替手数料なども含まれているのがいいところかな?とも思います。

ちなみに、税率は収入などの状況で異なり、10.5%、17.5%、28%のいずれか。

ニュージーランドの株や債券にはキャピタルゲイン税はかかりません。

まとめ

今日はさくっとニュージーランドのETFをご紹介しました。

Smartsharesというニュージーランド証券取引所の子会社から31のETFが出ており、Smartsharesに口座がなくても、他のいろいろな証券会社から購入できます。

信託報酬料は、同じETFでも証券会社によって多少変わってきます。

ニュージーランド株・債券にはキャピタルゲイン税はかかりません。

ETFのサマリーはこちらからどうぞ。