海外生活

【海外生活】電子書籍リーダーは楽天Koboに決めた件

とうとうこの時が来ました…

海外在住者の悩ましい電子書籍問題を解決する時が。

Kindle楽天Kobo

現在ニュージーランドに住んでますが、引っ越した時は英語の本を読めばいいと思ってました。

いや〜甘かったです。

現に今、本田健さんの『Happy Money』英語版原書が図書館にあったので借りてみましたが、遅々として進みません…。

「早く続きを知りたい!」「ほーそうなのかー」というワクワク感がバッサリ削ぎ落とされ、「まだ○○%か…」読後には「読破したぞ!でも何だったっけ?」という脳にもよくなさそうな英語の読書です。

ずっと電子書籍リーダーをリサーチをしてきましたが、ネットでも「海外在住ならKindleでしょ」「いやいやKoboだよ」と意見が別れ、これ以上時間を無駄にしないためにも、いちかばちか自分で試してみることにしました。

結論から言うとタイトル通り、私はKoboにしましたが、ここでは楽天Koboにした理由と、欠点についてお話ししようと思います。

KindleもKoboも、海外で問題なく使える方とそうでない方がいて、その理由(なぜ大丈夫なのか、なぜ弾かれるのか)がわからないので「海外在住者にはKoboがオススメ!」と一括りに言うつもりはありません

この記事では、海外在住で日本語の電子書籍を購入したいけれど、KindleとKoboのどっちがいいのか悩みすぎている方に向けて、私の経験をお話しします◎

ちなみに、私が買った機種はこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Libra H2O (ホワイト)
価格:25080円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)

楽天で購入

ニュージーランドでは$309、現在のレートで¥21500くらいなので、珍しく日本よりニュージーランドの方が安めです。

海外在住者を切り捨てない楽天Kobo?

なんか魅力的なAmazonのKindle本会場より

品揃えを考えるとAmazonKindleだと思うし、本をネットで購入するときはずっとAmazonを使っていたので、個人的には親近感が湧きます。(ちなみにリアル店舗は丸善か有隣堂)

それと比べて楽天Koboでは品揃えがAmazon程よくなく、値段も若干高め、そして漫画中心という印象です。

私が読むのは実用書やビジネス書が多いので、トップページに漫画ばかり並ぶのはちょっとストレスなんです。表示されないようにできないのかな?

だから、私の好きなジャンルの品揃えが多く価格も安いと言うことを考えると、本当はAmazonがいい。でもネットでは海外からは購入できないという声が多数。その一方で購入できたという方もかなりいらっしゃって…。どっちなんかい!!

Amazonカスタマーセンターに問い合わせたところ、

恐れ入りますが、kindleコンテンツは、日本国内にお住まいの方のみへの販売となりますので、ご了承ください。

海外からの購入できません。

海外旅行で一時的に日本を離れる場合を考慮し、数冊は海外からも購入いただける場合があります。しかしながら、その場合でも一定数を超えると海外からの購入はできなくなりますので、ご了承ください。

アマゾンのカスタマーセンター(原文ママ)

うん、ザ・マニュアル通りの回答ですね。

やっぱり公式には「国内販売のみ」というスタンスは崩れていないようです。

一方、楽天の方は

各地域毎に独自の仕様や、地域制限、法令に基づいたシステムにて運営されているため、海外から日本の楽天Kobo電子書籍ストアへアクセス出来ない可能性もございます。

海外から日本の 楽天Kobo電子書籍ストアへアクセスする可能性を高めるには、下記を順次お試しください:

1. 楽天Kobo電子書籍リーダーのセットアップ(初期設定)を日本国内でお済ませください。

2. お支払情報を日本国内の有効なものに設定してください。

3. 楽天Kobo電子書籍ストアからのご購入をお試しください。

なお、日本国外の利用につきましては、各国・各地域によって法令や地域制限の違いなどがあることから、日本国内向けKoboカスタマーケアにてサポートができない可能性がございますので、なにとぞご了承ください。

Koboヘルプページより

「海外在住者にも販売しています!でも国によっては買えないかも!できるだけのサポートはするけど、それでもダメだったらごめんね!」

という感じです。

とりあえず、Amazonが海外在住者を切り捨てるスタンスなのに対し、楽天はそうではないことに高感度アップ↑。何かあったら多少のサポートはしてもらえるかもしれません。Amazonだったら「サポート外」でまったく相手にしてもらえないと推測できますね。

Koboはデスクトップで読める

ここで問題になるのは「楽天Kobo電子書籍リーダーのセットアップ(初期設定)を日本国内でお済ませください」とある点。

本当は今年の帰国時にKobo端末を買ってセットアップしようと思ってたんですが、コロナで未だに帰国の目処は経っていません。

和書への渇望は日々ひどくなるばかり…

そこで、楽天Koboのページへ行ってみると、デスクトップアプリで読めることがわかりました!

…って今更ですかね?(笑)

AmazonでもKindle Cloud Readerでデスクトップで読めるようですが、なぜかiPadなどのアプリでないと読めないコンテンツがライブラリ上にたくさんあり、結局デスクトップ上で読める方が少なかったです(理由はわかりません)。

デスクトップアプリだと電車では読めないけど、家で日本語の本が読めるなら、それだけでうれしい!Koboリーダーを買う前に、デスクトップアプリを試してみることにしました。

(ちなみにスマホのアプリもありますが、スマホやタブレットで本を読むのは苦手なのでパスです)

と、こんな感じで、海外でもデスクトップで普通に表示できました。

カラーなのがいいですね◎

画面が大きくてページ送りボタンもありますし、読むストレスは感じませんでした。

じゃあ、Koboリーダーは海外でも使えるんだろうか?

デスクトップアプリにはKoboリーダー設定画面がありました。

この画面を見ていたら、日本国内でなくても行けそうな気がしてきました。

Kobo電子書籍リーダーを購入する

セットアップ画面をみて「行けそうな気がする」と思った私は、Noel Leemingというニュージーランドのヤマダ電気(のショボい版)に行ってきました。

お風呂で本を読みたいので、防水仕様で素敵なKobo Libra H2Oを購入。

画像は楽天より

これがニュージーランドで使えるなら、お風呂で読める!

「万一使えなかったら14日以内なら返品を受け付けてます」と太っ腹な店員さんの言葉もあり、軽い気持ちでお持ち帰りしました。

まぁ、ハードウェアは世界中どこでも同じなので基本的には使えるはず、ですけどね(ソフト的な制御がなければ…)。

ちなみにニュージーランド、こういうところは消費者目線で太っ腹です。開封済みでも返品を受け付けてくれることが多く、このお店は14日間と期間も長めです

海外でのKoboリーダーの初期設定

デスクトップアプリからセットアップを開始し、拍子抜けするほど簡単に完了。

Koboリーダー、日本国外でもセットアップできたよ〜〜!

私の状況がどれだけ結果を決定するかわかりませんが、こんな感じです。

  • リーダー購入も初期設定もニュージーランド
  • Macにデスクトップアプリを入れ、そこからセットアップ開始

セットアップ後は、すぐに読書を開始できました。

あぁ…どれだけこの時を待っていたことか…

至福の時です♡

悔しいけれど、英語の本じゃこの至福の時は味わえない

Koboの利点

利点1:ポイントやクーポンで結局安くなる

Koboの電子書籍はAmazonより高めなことが多いですが、初回クーポンが出たので安く購入できました。

クーポンってどのくらいの頻度で出るんでしょ?

しばらくは10%オフで購入出来そうですが、それでAmazon Kindleと同額になるくらいの感覚値。これからも要チェック✔️です。

利点2:楽天ポイントが貯まる

海外にいても楽天では結構買い物をします。

先日はフリクションペンの芯。

ニュージーランドにもフリクションのペンは売ってるんですが、芯がない。

嵩張らないのでちょっとした荷物を送るときに一緒に頼みます。

楽天でんきやモバイルは使えないので倍率は低いですが、ポイントっていつの間にか貯まっています◎

Koboの欠点

欠点1:日本のクレジットカードしか使えない

これは楽天のウェブサイトに謳っている通りでして、ニュージーランドのクレジットカードは使えませんでした。うーん…正直、私にはこのデメリットは大きい。しかし、学生さんとか駐在の方など、日本にベースがある方には特にデメリットではないでしょう。

これに対処するには…Transferwiseで日本の銀行に送金することを検討中。ただ手数料がかかってしまいます。

日本の口座に5000円送金すると、手数料はNZ$6.75(約470円)。

海外からも購入できますと言いながら、肝心の支払いに海外発行のクレジットカードが使えないというのは、詰めが甘いと言うか、もう一声!というか、ちょっと残念です。

欠点2品揃えが少ない

私は主にビジネス書実用書が好きで、小説や漫画はあまり読みませんが、品揃えはAmazonと比べるとかなり少なく感じます。

書籍を検索しては「電子書籍化をリクエストする」のボタンを押しまくっています。

もっと増えるといいな〜^^

欠点3:英語の領収書が発行できない

自営業の方、事業経費に計上するにはどうしたらいいんでしょう??(笑)とりあえず、英語の購入履歴の画面をスクショしましたが、確定申告の時に確認するとしますー。

Kobo Libra H2O 使い心地

写真は楽天より

「Kindle vs. Kobo」というより単に端末の違いですけど、今まで持っていたKindleリーダーより画面が大きく、物理ボタンがある部分がいいグリップになって、何時間でも読んでいたくなります♪

ひっくり返しても横向きでも読めて疲れ知らず、読書の楽しみがマックスに!

こんな感覚は初めてでした。Kindleリーダーを買った時はトキメキがなく、画面もKobo Libra H2Oより小さいので読みにくく、持ちやすくもなく、重く、早く疲れがちでした(Kindleが悪いわけではなく、私がそういう端末を選んだだけ)。

それから、女子的には色も重要

今回ホワイトを買いましたが、黒のリーダーと比べると、すごく明るい気持ちになるんです♪気のせいでも何でも、自分の気を上げてくれるというのは読書のパートナーとしてはすごく重要!たぶんそれは、中身が日本語の本だからではないでしょう。

数年間日本語の本を読んでいなかったので、読書が楽しみすぎて、読書のためにお風呂に入って、読書のために早めにベッドに入ります(笑)

端末で読書体験がこんなに変わるとは思わなかったので、Kindleも次はもうちょっと奮発して大きい防水のものを買うつもりです。もしかしたら英語の読書がワクワク楽しくなるかもしれませんし。

こんなことなら早く奮発してKobo Libra H2Oを買っておくんだった…

これにて「一海外在住者の電子書籍リーダー問題(日本語書籍編)」は一件落着。

…かな?

オススメのKobo端末♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Libra H2O (ホワイト)
価格:25080円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)

楽天で購入

他に3機種あるようです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Kobo Nia
価格:10978円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KOBO Kobo Clara HD N249−KJ−BK−S−EP
価格:12980円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

N782-SJ-BK-S-EP kobo 電子書籍リーダー Kobo forma
価格:31680円(税込、送料無料) (2020/8/26時点)


もん

今日もありがとうございました◎