ニュージーランド

【ロックダウン6日目】外出禁止中。ちょっとだけ凝った料理してみた

こんにちは。もんです。

ロックダウン6日目のニュージーランド、まだ1週間も経っていないのに、自分が思っていたよりもストレスを受けているのに気づきました。

皆さんもご自身のストレスを過小評価せずに、どうかご自愛くださいね。

昨日の夕食は手抜きをするため冷凍のご飯。そして映画を見たりハーブティを飲んだりしてゆっくり過ごしました。

自己隔離中にすること・料理!

そんな中、この4週間を乗り切るため、ここぞとばかりに料理をしてみることにしました。

先週はローストを作ったんですが、ご紹介するのは手間もかかりそうでカロリーも高そうで作ったことはなかったバクラヴァ。

バクラヴァは中東やギリシャなどで伝統的なナッツやシロップたっぷりの甘いお菓子です。いつか作ろうと思っていたんですが、やっとその時が来ました!

【独断で選ぶ】世界のちょっと変わった?スイーツ5選こんにちは、もんです。 わたしはスイーツ・お菓子が大好きで、旅行をすると、だいたいその土地のお菓子を買って試してみます。 中...
【ロックダウン3日目】自己隔離中にする5つのことこんにちは。もんです。 4週間のロックダウン3日目のニュージーランド、こちらはまだエネルギッシュに精神的には穏やかに過ごしています...

バクラヴァのレシピ

参考にしたレシピは、こちらhoney and rosewater baklava

他にもいろいろレシピはありましたが、ローズウォーターが家にあったので、ぜひローズの香りのバクラヴァを作りたかったんです。

ピスタチオがなかったので、使ったのはくるみとアーモンドだけ、しかも生。それでもおいしくできましたよ♡

材料

  • 素焼きピスタチオ 125g
  • 素焼きくるみ 200g
  • 素焼きの水に浸したアーモンド 300g(わたしは何もせずにそのまま使ってしまいましたˆˆ;)
  • レモンの皮とレモン汁 1/2個分
  • シナモンパウダー 小さじ1
  • 上白糖 150g
  • 溶かしバター 125g
  • フィロ 375g
  • はちみつ 125g
  • シナモンスティック 1 (粉で代用しました)
  • ローズウォーター 小さじ1

 

作り方

ナッツをフードプロセッサーで細かくし、シナモンとレモンの皮、砂糖50gを混ぜる(わたしは砂糖とレモンの皮は使用せず)

フィロはケーキ型(わたしが使ったのはオーブンディッシュですが)に合わせてカットしておく

オーブンを190℃に温める。25cm角、深さ5cmのケーキ型にバターを塗っておく。残りのバターはフィロを1枚重ねるごとに塗る。フィロを8枚ケーキ型に敷き、1/3の分量のナッツを均等に敷き詰める。その上にフィロを3枚重ね、1/3の分量のナッツを敷き詰める。その上にフィロを3枚重ね、1/3の分量のナッツを敷き詰め、最後にフィロを8枚重ね、溶かしバターを塗る。ナイフで24個の長方形に切る(写真は16個になってしまいましたが)。オーブンに入れ、きつね色になるまで30分焼く。

オーブンに入れる前

 

その間、鍋に砂糖、はちみつ、シナモンスティック、レモン汁、水100ccを入れ、砂糖が溶けるまで5分中火でかき混ぜる。

シナモンスティックを取り出し、ローズウォーターを入れてかき混ぜ、熱々のバクラヴァにかける。

できあがり!

 

イメージ的にはこんな感じでどうぞ!ˆˆ

料理の問題点…

料理が楽しいのはいいんですが、たとえばこのバクラヴァも毎日食べていると確実に太ります(その上、外出禁止で運動不足)。

警戒レベル4の下での行動指針に「自分がウイルスに感染していると思って振るまうこと」とありますし、友人やご近所さんに手作りの食品を配るのは、直接手渡しはしなかったとしてもちょっと気が引けます。

(警戒レベル4についてはコロナウイルス対策でNZも自己隔離をご覧ください)

バクラヴァは幸い冷凍できるとのことで、大量に作っても大丈夫。

冷凍し、食べるときは室温に4時間おいておけばいいそうです。

(とはいえ今日の夕食はヘルシーに和食にしようと思いますˆˆ罪滅ぼしです)