海外生活

どこでもカンタン。豆乳ヨーグルトの作り方

豆乳とプロバイオティクス

こんにちは。もんです。

ニュージーランドは乳製品が豊富です。

ヨーグルトもいろいろな種類があって、とてもおいしいです。

とはいえ、できるだけ乳製品を摂らない生活をしているわたしは、毎週豆乳ヨーグルトを作っています。

日本ではスーパーにも売っていますが、こちらでは見たことがなく、作るのもとてもカンタンでおいしいので手作りオススメです◎

豆乳ヨーグルトの材料と道具

材料

  •  豆乳 1リットル
  •  お好きなプロバイオティクス 1カプセル

道具

  •  湯たんぽ
  •  クーラーボックス(NZ英語では”chilly bin”)
豆乳とプロバイオティクス

豆乳に関しては、ニュージーランドでは、わたしはVitasoyのこれ1本!

砂糖が入っている豆乳が大多数を占める中、これは砂糖無添加で、プロテイン補強型。

他のも試してみましたが、うまく固まらず…。

プロバイオティクスは、今回はPak’nSaveで買ったHealtheriesのものを選んでいますが、Red Sealの5 billionでもおいしくできます。

(同じRed Sealの30 billionを使った時は固まらず、2カプセル必要でした…古かったのかもしれません…)

作り方

  1.  豆乳のふたを開け、プロバイオティクスのカプセルの中身をパラパラ入れる
  2.  豆乳の容器をしっかりと閉めて、振ってよく混ぜる
  3.  お湯を80℃くらいに沸かして湯たんぽをセット
  4.  クーラーボックスの中に、豆乳と湯たんぽを入れ、半日〜1日放置

(冬は途中湯たんぽのお湯を交換する必要があるかもしれません)

日本で作る場合の材料

豆乳

何でも使えると思いますが(フレーバー付きのは試したことがありませんが)、ふくれんの無調整豆乳は愛用していました♡

プロバイオティクス

質が高い割に価格の安いiHerbのこちらはオススメです。 60カプセル入りで2000円ちょっと。冷蔵庫に常備していました。

その他ニュージーランドの大豆製品

ニュージーランドでは(英語圏全般かな?)、edamameがなかなかの流行りで、ちょっとオシャレにサラダに使われていたりします。

(大豆とは無関係ですが、フリカケもよく見るような…やはりオシャレなサラダにかかっているんですけど…笑)

すでにグルテンフリー界でメジャー選手になっているのは、枝豆パスタ。グルテンフリー低糖質ダイエットの味方ですね(わたしは食感がちょっと苦手)

伝統食では、豆腐やテンペは普通のスーパーにもありますが、納豆がないのが悲しいです〜。

大豆は最近不作のようで値段がすごく上がったのですが、それでもヨーグルトができる豆乳はすごくありがたい存在です。

お読みいただいてありがとうございました♡